Return to site

2月13日(月)経済産業省主催

「ソーシャル・インパクト・ボンド導入モデル事業報告会」を開催します

· ソーシャルインパクトボンド,イベント

 経済産業省では、新しい官民連携の手法「ソーシャル・インパクト・ボンド」(以下「SIB」)のヘルスケア分野における導入を推進しています。

平成27年度は実証事業や検討会を実施し、「日本版ヘルスケアソーシャル・ インパクト・ボンドの基本的な考え方」(※)をとりまとめました。これを踏まえ、平成28年度は、複数の自治体と具体的な案件形成を進め、SIB導入モデルの創出に取り組んでいます。これにより、平成29年度から「成果連動型かつ複数年度契約による日本初の本格的なSIB」が複数の自治体において導入される見込みです。

 本報告会では、これらの具体例を中心に、SIB導入に向けたポイントや課題を説明します。また、今後、日本でのSIB導入をさらに推進する上での課題や新たな取組みについて、実際に導入に関わる政府、自治体、中間支援組織、資金提供者など、多様な関係者により議論・情報交換を行います。特に行政関係者や金融機関などSIB導入にご関心のある方は、是非ご参加ください。

※平成 27 年度健康寿命延伸産業創出推進事業(ヘルスケアビジネス創出支援等)

 「日本版ヘルスケアソーシャル・インパクト・ボンドの基本的な考え方」

 http://www.meti.go.jp/policy/mono_info_service/healthcare/chiiki/pdf/28fy_h-sib.pdf

1.イベント概要

日 時 :2017年2月13日(月)14:00~16:30 (開場:13:30)

場 所 :日本財団ビル 2階大会議室(東京都港区赤坂1-2-2)

主 催 :経済産業省

対象者 :主に地方自治体等行政関係者、金融機関など

費 用 :無料

申込方法:以下の参加申込フォームへ必要事項をご記入いただき、お申込みください。
     https://goo.gl/forms/B5BhdvCsPfPteRlb2

参加申込フォームよりお申込みできない場合、また、イベントは参加できないが公開可能な資料を入手希望の方等は、必要事項(氏名、氏名(カナ)、所属組織、所属部署、役職、メールアドレス)をご記入の上、「3.お問い合わせ先(事務局)」よりご連絡ください。

2.プログラム ※変更の可能性あり

  1. オープニング
     江崎 禎英 (経済産業省ヘルスケア産業課 課長)
     
  2. SIBの概要と国内外の最新動向
     幸地 正樹 (ケイスリー株式会社 代表取締役)
     

  3. 経済産業省によるSIB事業概要
     石田 直美 (株式会社日本総合研究所コミュニティインフラデザイングループ 部長)
     ※平成28年度健康寿命延伸産業創出推進事業受託事業者
     

  4. SIB導入モデルの紹介
     Ⅰ.大腸がん検診受診率向上

       幸地 正樹 (ケイスリー株式会社 代表取締役)
     Ⅱ.糖尿病性腎症重症化予防

       藤田 滋 (公益財団法人日本財団 社会的投資推進室)
     

  5. パネルディスカッション 「日本でのSIB導入促進に向けた課題と今後の取組み」

     (モデレーター)
      幸地 正樹 (ケイスリー株式会社 代表取締役)

     (パネリスト)
       江崎 禎英 (経済産業省ヘルスケア産業課 課長)

       藤田 滋 (公益財団法人日本財団 社会的投資推進室)

       石田 直美 (株式会社日本総合研究所コミュニティインフラデザイングループ 部長)

      その他、金融機関、地方自治体など
     

  6. 質疑応答

3.お問い合わせ先(事務局)

会社名:ケイスリー株式会社

担当者:幸地正樹

連絡先:info@k-three.org

ソーシャルインパクトボンド(Social Impact Bond:SIB)とは

SIBとは、行政の成果連動型支払契約と民間資金の活用を組み合わせた官民連携手法の一つです。2010年に英国で世界初のSIB案件が始まって以降、欧米を中心に10か国60案件以上で導入が進んでいます。詳細は以下URLを参照ください。

http://www.sib.k-three.org/

All Posts
×

Almost done…

We just sent you an email. Please click the link in the email to confirm your subscription!

OKSubscriptions powered by Strikingly