top of page

ニュース

  • ケイスリー株式会社

「ソーシャルインパクトボンドの基本的な考え方」を公開

昨年度、慶應義塾大学と共同で執筆した「日本版ヘルスケアソーシャル・インパクト・ボンドの基本的な考え方」が経済産業省より公開されました。


海外動向や導入に向けた課題だけではなく、日本でのSIB導入に向けた具体的な組成プロセスも記載しましたので、SIB導入を検討されている方はぜひご覧ください。


さらに今年度は、現在進めている日本での本格導入に向けた具体的な事例に基づき、SIB導入の手引き等を作成する予定です。


ご意見や不明点、また、詳細を知りたい方などお気軽にご連絡ください。



■目次


1. 社会的課題解決のための施策としての SIB


定義・目的

SIB 組成における関係者とその役割

背景・歴史


2. 日本における SIB の位置づけ


日本における SIB の定義・意義

ヘルスケア領域における SIB 組成の意義

地方自治体が SIB に取り組む意義

官民連携の一つの手法としての SIB

日本における SIB への資金提供者の可能性


3. SIB 組成プロセス


組成可能性調査行程

組成行程


4. 特筆すべき課題と対策


組成プロセスから見る課題


5. 参考事例


ヘルスケア領域での海外事例

SIB 組成・導入に関連する国内先行事例

その他成果報酬型モデル事例


■お問い合わせ先


会社名:ケイスリー株式会社

担当者:幸地正樹

メールアドレス:info@k-three.org

最新記事

すべて表示

【7/11 ハイブリット開催】愛媛県主催「2024年度PFS実践セミナー」~成果重視の新たな官民連携の実践ポイント~

社会課題が複雑化する中、官民連携の更なる推進と成果重視の行政運営の追求が重要となることから、社会課題を解決する官民連携手法である成果連動型民間委託方式(PFS)が全国で広がりをみせています。この度、愛媛県内における新たな案件の創出を目的として、PFS概要や最新動向、具体的なプロセスや課題を含めた愛媛県における実践事例の紹介など、より実践的なセミナーを開催しますので、関心のある行政関係者や民間事業者

ケイスリー、むすびえ初の「こども食堂への参加者の変化を捉える定量調査」を支援

~こども食堂への参加回数の多さと、子どもの「他者への信頼感」「社会性」との間に相関があることが明らかに~ ケイスリー株式会社(所在地:沖縄県中頭郡読谷村、代表取締役社長:幸地正樹)が、認定NPO法人全国こども食堂支援センター・むすびえ(所在地:東京都渋谷区、理事長:湯浅誠、以下「むすびえ」)及び一般社団法人エビデンス共創機構(所在地:東京都武蔵野市、代表理事:伊芸研吾)と連携して昨年度初めて実施し

SDGインパクト基準研修(1dayコース・個人向け)のご案内

弊社今尾も認定講師を務めるSDG Impact基準研修について、これまで法人単位で実施してきましたが、新たに個人単位でお申し込みいただける研修プログラム(日本語)を2024年6月3日及び6月23日(参加はいずれか1日を選択)に実施します。幅広くご関心お持ちの皆様のご参加をお待ちしております。詳細は下記一般財団法人社会的インパクト・マネジメント・イニシアチブのHPをご覧ください。 研修詳細及びお申込

Comments


bottom of page