ニュース

  • ケイスリー株式会社

資料公開「日本におけるソーシャルインパクトボンドの最新動向と課題(2016年8月)」

日本公共政策研究機関が主催するソーシャルファイナンス研究会の第3回「社会的インパクト債の最新動向と日本における発展の可能性」にて、弊社がプレゼンした資料「日本におけるソーシャルインパクトボンドの最新動向と課題」を公開しました。日本においても、2017年度のSIB本格導入に向けた検討が複数自治体で進んでいます。


【資料ダウンロード】日本におけるソーシャルインパクトボンドの最新動向と課題(2016年8月)


また、本資料はプレゼン用になりますので、各自治体の組成状況や対象領域の検討状況等詳細は口頭で説明しており、資料のみでは伝わりにくいところもあるかと思いますが、ご了承ください。なお、研究会ではSIB概要や海外動向も別資料にて合わせて発表されました。



最新記事

すべて表示

弊社落合がセゾン文化財団viewpointに寄稿いたしました

2020年10月26日発行のviewpoint第91号(セゾン文化財団ニュースレター)に、弊社取締役落合がArts United Fundの取り組みを寄稿いたしました。 公益財団法人セゾン文化財団は堤清二氏(1927─2013)の私財によって設立された助成型財団であり、1987年より日本の現代演劇・舞踊の振興、およびその国際交流の促進に寄与するため、助成活動を行っています。 viewpointは、

© 2020 K-three Inc. All Rights Reserved.

ケイスリー株式会社

f_logo_RGB-Black_100.png
twitter.png
logo_symbol.png
k3_logo.png
mail_btn_01.png