ニュース

  • ケイスリー株式会社

資料「ソーシャルインパクトボンド概要と行政における導入可能性の検討」を公開

最終更新: 2020年10月8日

ソーシャルインパクトボンドに興味を持つ方に向けて、ソーシャルインパクトボンドの仕組みや特徴などを整理し、グローバルでの動向やこれまでの日本における導入に向けた取組みと課題、また、具体的な導入可能性の検討例などを取りまとめました。


【資料ダウンロード】ソーシャルインパクトボンド概要と行政における導入可能性の検討

ケイスリー株式会社_ソーシャルインパクトボンド概要と行政における導入可能性の検討
.
Download • 4.08MB

■資料目次

  1. はじめに

  2. ソーシャルインパクトボンドとは

  3. 世界のSIB案件の動向

  4. 日本の動向

  5. 推進プロセスと導入に向けた課題

  6. SIB導入可能性の検討例

  7. 合わせて、ソーシャルインパクトボンド関連サービスに関するページも公開しました。

本件に関するご質問やお問い合わせなどありましたら、下記お問い合わせ先までご連絡ください。


■お問い合わせ先


会社名:ケイスリー株式会社

担当者名:幸地正樹

メールアドレス:info@k-three.org

WEBサイト:www.k-three.org

最新記事

すべて表示

ソーシャル・インパクト・ボンドを活用した八王子市大腸がん検診・精密検査受診率向上事業の総括レポートが公開

弊社が導入支援した、八王子市におけるソーシャル・インパクト・ボンド(以下「SIB」)を活用した大腸がん検診・精密検査受診率向上事業(以下「本事業」)の総括レポートが、経済産業省にて本日公開されたことをお知らせいたします。 ※添付資料:経済産業省およびケイスリー株式会社による事業総括レポート 取組み概要と成果 本事業は、日本初のSIBを活用した取り組みとして2017年5月に開始され、大腸がん検診受診

© 2021 K-three Inc. All Rights Reserved.

ケイスリー株式会社

f_logo_RGB-Black_100.png
twitter.png
logo_symbol.png
k3_logo.png
mail_btn_01.png