top of page

ニュース

  • ケイスリー株式会社

弊社落合が、愛知県芸術劇場が主催する劇場職員セミナーに登壇します

愛知県芸術劇場が名古屋市文化振興事業団と共に主催する「劇場職員セミナー2021」に弊社落合が登壇します。

「劇場職員セミナー2021」は、舞台芸術を担う人材を養成する研修プログラムです。

公立劇場の中堅職員を推奨対象者とし、スキルアップや情報共有、職員の専門性の向上や交流を目的としています。

1月22日10時~、「子どもたちの劇場鑑賞体験、その評価を考える」というタイトルでお話させていただきます。事業の評価について考え、ロジックモデルを作成してみることで、言語化しづらい手ごたえや効果について考えます。劇場関係者の皆様、ぜひご参加いただければ幸いです。



最新記事

すべて表示

ケイスリー、むすびえ初の「こども食堂への参加者の変化を捉える定量調査」を支援

~こども食堂への参加回数の多さと、子どもの「他者への信頼感」「社会性」との間に相関があることが明らかに~ ケイスリー株式会社(所在地:沖縄県中頭郡読谷村、代表取締役社長:幸地正樹)が、認定NPO法人全国こども食堂支援センター・むすびえ(所在地:東京都渋谷区、理事長:湯浅誠、以下「むすびえ」)及び一般社団法人エビデンス共創機構(所在地:東京都武蔵野市、代表理事:伊芸研吾)と連携して昨年度初めて実施し

SDGインパクト基準研修(1dayコース・個人向け)のご案内

弊社今尾も認定講師を務めるSDG Impact基準研修について、これまで法人単位で実施してきましたが、新たに個人単位でお申し込みいただける研修プログラム(日本語)を2024年6月3日及び6月23日(参加はいずれか1日を選択)に実施します。幅広くご関心お持ちの皆様のご参加をお待ちしております。詳細は下記一般財団法人社会的インパクト・マネジメント・イニシアチブのHPをご覧ください。 研修詳細及びお申込

内閣府沖縄総合事務局の市町村施策支援アドバイザーに代表幸地が就任

内閣府沖縄総合事務局は、沖縄県内市町村に対して様々な行政課題の企画立案や実行を支援する市町村施策支援アドバイザー制度を設置しており、2024年5月7日、ケイスリー株式会社代表取締役社長の幸地正樹へ委嘱状が交付されました。代表幸地は、2021年に市町村施策支援アドバイザーへ任命されて以来、継続して任命されており、社会課題、官民共創、調達支援、PFS/SIB、EBPMなどの専門分野を中心に沖縄県内の市

Comments


bottom of page