top of page

ニュース

  • ケイスリー株式会社

文学座と岐阜県が連携協定を締結~社会的インパクト評価の活用事例~

 2018年3月28日、岐阜県教育委員会と劇団文学座による連携協力に関する協定が締結されました。東濃高校で行われてきた演劇を活用したコミュニケーション・ワークショップにより、遅刻者、問題行動及び中途退学者を激減させた「東濃方式」について、2018年度から岐阜県下の6校に展開するものです。


 弊社も2016年度から「東濃方式」の社会的インパクト評価を支援していますが、その成果も今回の協定に繋がる一因となっており、社会的インパクト評価を活用した事例といえます。


 記者会見には、岐阜県教育委員会から松川禮子教育長、堀貴雄教育主管、北岡龍也学校支援課長、文学座から田中章子代表取締役、西川信廣幹事、瀬戸口郁ワークショップ委員、6年前より東濃方式に関わる可児市文化創造センターの衛紀生館長、社会的インパクト評価を支援した弊社の幸地正樹が出席しました。


 文化芸術に活かした社会包摂活動は、様々な社会課題の解決に有効であると考えられ、社会的インパクト評価を活用することでその質の向上及び規模の拡大に寄与出来ればと考えます。

最新記事

すべて表示

ケイスリー、むすびえ初の「こども食堂への参加者の変化を捉える定量調査」を支援

~こども食堂への参加回数の多さと、子どもの「他者への信頼感」「社会性」との間に相関があることが明らかに~ ケイスリー株式会社(所在地:沖縄県中頭郡読谷村、代表取締役社長:幸地正樹)が、認定NPO法人全国こども食堂支援センター・むすびえ(所在地:東京都渋谷区、理事長:湯浅誠、以下「むすびえ」)及び一般社団法人エビデンス共創機構(所在地:東京都武蔵野市、代表理事:伊芸研吾)と連携して昨年度初めて実施し

SDGインパクト基準研修(1dayコース・個人向け)のご案内

弊社今尾も認定講師を務めるSDG Impact基準研修について、これまで法人単位で実施してきましたが、新たに個人単位でお申し込みいただける研修プログラム(日本語)を2024年6月3日及び6月23日(参加はいずれか1日を選択)に実施します。幅広くご関心お持ちの皆様のご参加をお待ちしております。詳細は下記一般財団法人社会的インパクト・マネジメント・イニシアチブのHPをご覧ください。 研修詳細及びお申込

沖縄の「島ラブ祭2024 ソーシャルビジネスコンテスト」に弊社落合がコメンテーターとして参加します

2024年4月20日(土) 開場 13:30/開演 14:00/終演 16:30[予定] ケイスリー株式会社(代表取締役社長:幸地正樹 所在地:沖縄県中頭郡読谷村 以下、「弊社」)のディレクター落合が、島ラブ祭運営事務局が主催する「島ラブ祭2024 ソーシャルビジネスコンテスト」に、コメンテーターとして参加します。 島ラブ祭2024ソーシャルビジネスコンテスト サイト 「島ラブ祭 ソーシャルビジネ

Comments


bottom of page