ニュース

  • ケイスリー株式会社

ケイスリー、国際イニシアティブ「インパクト・マネジメント・プロジェクト」に日本から初加盟

最終更新: 10月7日

国連機関等によるインパクト・マネジメントの国際基準作りに戦略パートナーとして参加


 ケイスリー株式会社(本社:東京都渋谷区/代表取締役:幸地 正樹/以下、ケイスリー)は、事業活動によって生まれる社会的な成果や変化(社会的インパクト)を理解、測定、活用するための国際基準策定を進める「インパクト・マネジメント・プロジェクト(IMP)」に日本から初めて加盟しました。弊社は、日本から加盟する唯一の組織として、IMPの活動を通じ、我が国の民間公益活動及びSDGs推進の環境づくりに寄与してまいります。



ケイスリー、国際イニシアティブ「インパクト・マネジメント・プロジェクト」に日本から初加盟

 IMPは、国連開発計画(UNDP)、国際金融公社(IFC)、経済協力開発機構(OECD)、国連責任投資原則(PRI)等が参画するインパクト・マネジメントに関する国際イニシアティブです。現在、社会的インパクト評価をめぐる議論の焦点は、社会的インパクトをいかに正確に測定するかという評価から、評価で得られた結果をいかに事業改善につなげるかという「社会的インパクト・マネジメント」へと移行しつつあります。この流れは、国連による持続可能な開発目標(SDGs)制定でさらに加速されており、公的機関や非営利組織に限らず、社会的課題に取り組む企業にも社会的インパクトを意思決定の材料として活用することが求められています。IMPは、全ての事業者や投資家がこのような時代の要請に応えられるよう、明確かつ実践的な基準を示すことを目的に発足されました。


 弊社は、IMPの趣旨に賛同し、基準策定及び実践、また窓口として重要な役割を担う「戦略パートナー」として加盟し、保有する社会的インパクトの可視化やインパクト投資に関する知見を活かし、日本からグローバルでのインパクト・マネジメントの普及と発展に貢献してまいります。


Impact Management Project (IMP)ウェブサイト



【会社紹介】


会社名:ケイスリー株式会社

代表者:代表取締役 幸地 正樹

所在地:東京都渋谷区渋谷3丁目26番16号 第五叶ビル 5F

設立:2016年3月

URL:https://www.k-three.org

事業概要:先端技術を取り入れた社会的インパクト評価や成果連動型官民連携など、政策ツールの研究開発・導入支援


【本件に関するお問い合わせ先】


会社名:ケイスリー株式会社

担当者:森山

連絡先:contact@k-three.org

© 2020 K-three Inc. All Rights Reserved.

ケイスリー株式会社

f_logo_RGB-Black_100.png
twitter.png
logo_symbol.png
k3_logo.png
mail_btn_01.png