top of page

ニュース

  • ケイスリー株式会社

ケイスリー、日本テレビHDのインパクト投資1号案件を支援

ケイスリー株式会社(本社:沖縄県那覇市、代表取締役社長 幸地正樹、以下「ケイスリー」)は、日本テレビホールディングス株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長 石澤顯、以下「日本テレビHD」)による、株式会社Vook(本社:東京都渋谷区、代表取締役:岡本俊太郎、以下「Vook」)へのインパクト投資実施を支援しました。本件は、日本テレビHDによるインパクト投資の1号案件で、日本国内の事業会社から国内スタートアップへの直接投資としては日本初のインパクト投資※1となります。ケイスリーは、日本テレビHDによるインパクト投資の戦略やプロセス構築、出資先候補へのインパクト・デューデリジェンスを支援しています。



≪背景≫

日本テレビHDは、開局70年となる2023年に始動した「日テレ共創ラボ」を通して、様々な社会の課題に応え、次の時代の体験価値を生み出すための活動を行っています。社会に新たな「モノサシ」を提起するための調査・研究を行う中で、これまで行ってきたサステナブル投資の一種であり、経済的リターンと並行して、ポジティブで測定可能な社会的インパクトを同時に生み出す「インパクト投資」の考えを取り入れた上で、投資検討段階から継続的に社会的インパクトの測定・マネジメントを行う「インパクト投資」1号案件として、Vookへの出資が行われました。Vookは、映像需要の拡大とともにクリエイター不足やクリエイターが働く環境・待遇の改善が課題となっている映像業界において、それらの課題を解決すべくクリエイター育成やキャリア支援などを行うスタートアップ企業です。


≪ケイスリーの関わり≫

弊社は、日本テレビHDによるインパクト投資実施に向け、以下を支援しています。

  • インパクト投資の戦略およびプロセスの構築

  • インパクト投資に伴うインパクト測定・マネジメントの実装



今回のVookへの出資においては、インパクト測定・マネジメントの実装の一環として、出資時のインパクト・デューデリジェンスを支援しました。その中で、日本テレビHDおよびVookとともに、Vook出資を通じた ①目指すインパクト、②ロジックモデル、③インパクト指標、を以下のとおり設定しました。


①目指すインパクト

「映像の力で社会を変える」を長期的に目指す社会的インパクト(図1)としました。映像の力で個人の楽しい時間や体験、企業の成長や社会問題の解決が加速する世の中を目指していきます。


②ロジックモデル

日本テレビHDおよびVook経営陣とともに複数回の検討を重ね、同社が目指す社会的インパクトと戦略の詳細をロジックモデル(図2)により可視化しました。



③インパクト指標

ロジックモデルに基づき、日本テレビHDが目指すインパクトと重ね合わせ、クリエイターの数や働く環境・待遇の改善・向上を測定指標(図3)として設定しました。今後は、日本テレビHDおよびVookの間でこれらの指標が定期的に測定され、両社で社会的インパクトの創出・拡大に向けた取り組みが続けられます。



今回の支援に当たっては、インパクト分析やネガティブ・インパクトへの対応等を含めインパクト投資に関するグローバル・スタンダード※2に準拠し、インパクト・ウォッシング※3の懸念をなくしていくことを方針の一つとしました。


また、事業会社によるインパクト投資の特徴として、日本テレビHDとVookの協業によるインパクトの追加性を分析する等新たな試みも行い、事業会社がインパクト投資に取り組むことに大きな可能性を感じました。


インパクト投資の方法は、唯一の正解が存在するものではありません。それぞれのプレイヤーが自らの方法を模索し、改善し続けることが、インパクト投資を前進させるには欠かせないと考えています。

本件がその一つの姿を示すものとなり、今後もそうした事例をつくり続けることで、社会をより良い方向に進めるインパクト投資の発展に貢献していきたいと考えています。



※1 日本におけるインパクト投資市場やそのエコシステム拡大を推進する「The Global Steering Group for Impact Investment(GSG)国内諮問委員会」が毎年発行する「日本におけるインパクト投資の現状」において、現在のインパクト投資の定義の一つとなっている「投資前後のインパクト測定・マネジメント」が必須となった2019年以降のインパクト投資実施組織一覧を参照し、事業会社による直接投資に該当する組織がないことを確認

※2 The Global Steering Group for Impact Investment(GSG)、The Global Impact Investing Network(GIIN)、Impact Management Platform 、International Finance Corporation(IFC)、Sustainable Development Goals(SDGs)等

※3 社会的インパクトを実際より多くしたり、社会的インパクトがない・不明にも関わらずあるように見せること


≪参考≫

  • 日本テレビHDニュースリリース:「映像クリエイター支援事業を手掛ける株式会社Vookへ出資 ~クリエイター支援を通じた社会的インパクトを測定とマネジメント~」

  • Vookニュースリリース:映像クリエイターの学び・仕事・つながりをサポートするVook、日本テレビより4億円の資金調達を実施 ~資本業務提携により、映像クリエイターの輩出促進と新規事業を展開予定~」


ケイスリーの概要

会社名 : ケイスリー株式会社

所在地 : 沖縄県那覇市字与儀86

代表者 : 幸地 正樹

事業内容 : 行政、企業、NPO及び金融機関などあらゆる団体が社会課題解決を目的とした意思決定をするための支援を行う。主に社会的インパクト・マネジメントやインパクト投資、成果連動型民間委託(PFS)などの手法を中心とした「社会価値共創部」と、沖縄の社会課題解決を目的とした地域特化の「沖縄かふう共創部」がある。


日本テレビHDの概要

会社名 : 日本テレビホールディングス株式会社

所在地 : 東京都港区東新橋一丁目6-1

代表者 : 石澤 顕

事業内容 : 株式等の所有を通じて企業グループの統括・運営等を行う認定放送持株会社


Vookの概要

会社名 :株式会社Vook

所在地 :東京都渋谷区宇田川町14-13 宇田川町ビルディング4F

代表者 :岡本 俊太郎

事業内容 :イベント事業、プラットフォーム事業、教育事業、キャリア事業

Web   :https://vook.co.jp/

Comentários


bottom of page