top of page

ニュース

  • ケイスリー株式会社

企業の新型コロナ対策のテレワークに関するアンケート結果

更新日:2020年9月14日

新型コロナウィルス(Covid-19)感染拡大を受け、多くの企業でテレワーク(在宅勤務)推進の動きが強まっています。そこで弊社では、テレワークの現状や、企業の経営者・管理職・従業員のみなさまのテレワークに対する意識、抱えている課題、ニーズ等を調査するためのアンケートを実施しました。


【実施概要】


実施期間:2020年4月3日~10日

対象者:企業で働く方

実施方法:オンラインアンケート

回答数:48件


【結果概要】


①80%以上でテレワーク導入、約40%の人が完全なテレワークに移行しているが、

 相対的に中小規模での導入・実施率が低い



②テレワークとオフィスワークのストレス度合いに大きな差はない。

(ストレスの中身には違いがあると推測。)

 属性別に見ると、テレワークによる従業員や管理職のストレスは、経営者より若干高い。




③テレワークの課題としては、①コミュニケーション、②運動不足、③時間のメリハリが上位となった。

 その他、自由記述には、仕事環境・設備、家族同居に係る課題が多く挙げられた。




緊急事態宣言が全国に出され、人との接触機会を7割~8割削減することが求められている今、テレワークを

持続可能なかたちで推進していくことがますます重要となっています。


弊社では、今後も新型コロナウイルス感染拡大による様々な影響や変化を把握し、その現状に基づきながら、関係機関と連携し、解決策の検討・実施を進めていきたいと考えています。


調査にご協力くださいました皆様、ありがとうございました。

結果詳細は、こちらからダウンロードいただけます。

最新記事

すべて表示

【7/11 ハイブリット開催】愛媛県主催「2024年度PFS実践セミナー」~成果重視の新たな官民連携の実践ポイント~

社会課題が複雑化する中、官民連携の更なる推進と成果重視の行政運営の追求が重要となることから、社会課題を解決する官民連携手法である成果連動型民間委託方式(PFS)が全国で広がりをみせています。この度、愛媛県内における新たな案件の創出を目的として、PFS概要や最新動向、具体的なプロセスや課題を含めた愛媛県における実践事例の紹介など、より実践的なセミナーを開催しますので、関心のある行政関係者や民間事業者

ケイスリー、むすびえ初の「こども食堂への参加者の変化を捉える定量調査」を支援

~こども食堂への参加回数の多さと、子どもの「他者への信頼感」「社会性」との間に相関があることが明らかに~ ケイスリー株式会社(所在地:沖縄県中頭郡読谷村、代表取締役社長:幸地正樹)が、認定NPO法人全国こども食堂支援センター・むすびえ(所在地:東京都渋谷区、理事長:湯浅誠、以下「むすびえ」)及び一般社団法人エビデンス共創機構(所在地:東京都武蔵野市、代表理事:伊芸研吾)と連携して昨年度初めて実施し

SDGインパクト基準研修(1dayコース・個人向け)のご案内

弊社今尾も認定講師を務めるSDG Impact基準研修について、これまで法人単位で実施してきましたが、新たに個人単位でお申し込みいただける研修プログラム(日本語)を2024年6月3日及び6月23日(参加はいずれか1日を選択)に実施します。幅広くご関心お持ちの皆様のご参加をお待ちしております。詳細は下記一般財団法人社会的インパクト・マネジメント・イニシアチブのHPをご覧ください。 研修詳細及びお申込

Comments


bottom of page