ニュース

  • ケイスリー株式会社

週刊金融財政事情に「八王子市の事例にみるSIBの課題と成果」を寄稿

最終更新: 10月7日

週刊金融財政事情 2018年11月5日号の特集「ソーシャル・インパクト・ボンド」にて、弊社代表幸地が「八王子市の事例にみるSIBの課題と成果」を寄稿いたしました。


 ※記事はこちらからご覧いただけます

20181105_金融財政事情「八王子市事例にみるSIBの成果と課題(ケイスリー
.
Download • 597KB

なお、特集では他に以下の記事が掲載されています。


「社会課題解決と行政コストの削減を同時に目指す金融スキーム(編集部)

「成果連動型公共サービス」を成長戦略として強力に推し進めよ(東洋大学教授 竹中平蔵氏)

「神戸市における信託スキームを活用したSIBの全貌(編集部)」


最新記事

すべて表示

行政ビッグデータと行動科学を応用した公的通知サービス「BetterMe」が事業開発者向けメディアBizZineに取り上げられました

事業開発者のためのWebメディア「BizZine(ビズジン)」にて、弊社サービス「BetterMe(ベターミー)」が取り上げられました。弊社メンバー一宮の連載記事「デジタル技術の活用による行動変容」のうち、2020年10月6日の記事『デジタル技術がもたらした「メッセージング」の進化──ターゲットごとの最適化が行動変容を促す』にて、個別化メッセージング、デジタル技術、データサイエンスの力を応用した革

「渋谷区オープンイノベーション」が日本経済新聞に取り上げられました

ケイスリーが協力をしている、東京都渋谷区の「New Normal × Innovation from Shibuya」プロジェクト(官民連携のオープンイノベーションプロジェクト)ですが、withコロナ時代のイノベーションにつながる事業アイデアが70件超と多数集まっています。 2020年9月1日の日本経済新聞 (記事はこちら)において、この渋谷区での取り組みが取り上げられました。 ▶本件に関

© 2020 K-three Inc. All Rights Reserved.

ケイスリー株式会社

f_logo_RGB-Black_100.png
twitter.png
logo_symbol.png
k3_logo.png
mail_btn_01.png