top of page

ニュース

  • ケイスリー株式会社

ケイスリー、総務省「もてなしと共生のための情報対策協議会」へ参加のお知らせ

更新日:2020年10月7日

 ケイスリー株式会社(本社:東京都渋谷区/代表取締役:幸地 正樹/以下、ケイスリー)は、外国人の観光客や住民に対して災害情報等を適切に伝えるため総務省近畿総合通信局が構築を進めている情報提供システムの実証のための協議会に参加いたします。本協議会の活動を通じ、我が国の災害対策のための情報発信の充実・発展に寄与してまいります。


 「もてなしと共生のための情報対策協議会」は、例年のように発生している地震、大雨、台風や、さらに甚大な被害が想定されている南海トラフの巨大地震・津波の被災下、外国人の旅行者や住民が災害情報や支援情報から孤立することのないよう、そして平時においても地域社会との共生や地域の観光活性化に利用できる情報システムの形成を目的とする協議会です。協議会は外国人住民への情報提供をより充実させたい地方自治体や、インバウンド観光客のもてなしに取り組む事業者や地域団体、災害時の運行情報を伝えたい公共交通機関、留学生や労働者が学び働く学校や企業、自国民の保護に動く領事館等で構成されており、情報システム上の技術的課題はもとより社会実装のための事業者間の協力や連携について話し合い、継続可能なモデルの形成

を目指しています。

 弊社は、本協議会の趣旨に賛同して参加し、当社の保有する社会的価値の可視化や官民連携に関する知見の有効活用について、総務省を始めとする関係者と共に検討してまいります。


【総務省近畿総合通信局ウェブサイト】



協議会の主な活動

  • 情報提供システムが発信する提供情報の種類についての検討

  • 情報提供システムの発信する情報の適切なあり方に関するルールの策定

  • 情報提供システムの確実な運用を確認するための実証実験の実施

  • 外国人への災害情報などの提供に関する調査研究など


【本件に関するお問い合わせ先】


会社名:ケイスリー株式会社

担当者名:森山健

メールアドレス:contact@k-three.org

最新記事

すべて表示

ケイスリー、むすびえ初の「こども食堂への参加者の変化を捉える定量調査」を支援

~こども食堂への参加回数の多さと、子どもの「他者への信頼感」「社会性」との間に相関があることが明らかに~ ケイスリー株式会社(所在地:沖縄県中頭郡読谷村、代表取締役社長:幸地正樹)が、認定NPO法人全国こども食堂支援センター・むすびえ(所在地:東京都渋谷区、理事長:湯浅誠、以下「むすびえ」)及び一般社団法人エビデンス共創機構(所在地:東京都武蔵野市、代表理事:伊芸研吾)と連携して昨年度初めて実施し

SDGインパクト基準研修(1dayコース・個人向け)のご案内

弊社今尾も認定講師を務めるSDG Impact基準研修について、これまで法人単位で実施してきましたが、新たに個人単位でお申し込みいただける研修プログラム(日本語)を2024年6月3日及び6月23日(参加はいずれか1日を選択)に実施します。幅広くご関心お持ちの皆様のご参加をお待ちしております。詳細は下記一般財団法人社会的インパクト・マネジメント・イニシアチブのHPをご覧ください。 研修詳細及びお申込

沖縄の「島ラブ祭2024 ソーシャルビジネスコンテスト」に弊社落合がコメンテーターとして参加します

2024年4月20日(土) 開場 13:30/開演 14:00/終演 16:30[予定] ケイスリー株式会社(代表取締役社長:幸地正樹 所在地:沖縄県中頭郡読谷村 以下、「弊社」)のディレクター落合が、島ラブ祭運営事務局が主催する「島ラブ祭2024 ソーシャルビジネスコンテスト」に、コメンテーターとして参加します。 島ラブ祭2024ソーシャルビジネスコンテスト サイト 「島ラブ祭 ソーシャルビジネ

Comments


bottom of page