top of page

ニュース

  • ケイスリー株式会社

【アンケート結果公開】10万円給付金の寄付に関する意向調査

更新日:2020年10月5日


 新型コロナウィルス(Covid-19)の影響により深刻化する社会課題への対応として、政府が実施する10万円の特別定額給付金(以下「給付金」)が寄付に回る可能性や、寄付の意向がある方にとってどのような情報や仕組みが必要かについて、アンケート調査を実施しました。


 本調査結果が、日々深刻化する社会課題に対応する活動の資金調達に役立てられるよう、情報を公開すると共に、弊社では、この情報を活用し、緊急性の高い課題に取り組む活動へより効率的且つ効果的に資金が流れる仕組みづくりに向け、関係機関との連携を行ってまいります。


【実施概要】


期間:2020年4月24日〜4月28日

対象者:給付金の申請資格を有する一般生活者

実施方法:オンラインアンケート

回答数:125件


【結果概要】

①寄付金額の意向


回答者の中で寄付の意向を示した人のうち、寄付金額については「10万円全額」という回答が最も多かった。



②寄付先の選定要素


要素として、54(76%)の回答者が、新型コロナウィルス関連の活動であるかを重視すると回答した。

また分野としては、コロナウィルスと活動の関連性を重視するかしないかに関わらず、「医療」への関心が最も高かったが、重視する層の方が関心度合が顕著であった。また、重視する層では、「社会福祉(DV・虐待防止・人権)」への関心が「医療」に次いであがっており、重視しない層に比べやや高い傾向にある。



③寄付先を選定する際に重視する情報


「活動趣旨への共感」「寄付金の使用用途が明確であること」「社会的ニーズの大きさ」が特に重視されている。その他、回答数は多くないものの、身近な地域と紐づいた活動を応援したいという声や、単なる寄付ではなく経済が回る仕組みにつながることを重視するといった声が寄せられた。



④どのような仕組みがあると寄付をしやすいか


寄付がしやすい仕組みとしては、「オンラインで寄付ができる」が最も多かった。その他の選択肢では、「給付金の寄付に関する専用ウェブページがある」「給付金を受け取らずに直接寄付できる」の順に多く、給付金ならではの情報発信や寄付の仕組みにもニーズがあることが伺えた。



調査にご協力くださいました皆様、ありがとうございました。

結果詳細はこちら



最新記事

すべて表示

ケイスリー、むすびえ初の「こども食堂への参加者の変化を捉える定量調査」を支援

~こども食堂への参加回数の多さと、子どもの「他者への信頼感」「社会性」との間に相関があることが明らかに~ ケイスリー株式会社(所在地:沖縄県中頭郡読谷村、代表取締役社長:幸地正樹)が、認定NPO法人全国こども食堂支援センター・むすびえ(所在地:東京都渋谷区、理事長:湯浅誠、以下「むすびえ」)及び一般社団法人エビデンス共創機構(所在地:東京都武蔵野市、代表理事:伊芸研吾)と連携して昨年度初めて実施し

SDGインパクト基準研修(1dayコース・個人向け)のご案内

弊社今尾も認定講師を務めるSDG Impact基準研修について、これまで法人単位で実施してきましたが、新たに個人単位でお申し込みいただける研修プログラム(日本語)を2024年6月3日及び6月23日(参加はいずれか1日を選択)に実施します。幅広くご関心お持ちの皆様のご参加をお待ちしております。詳細は下記一般財団法人社会的インパクト・マネジメント・イニシアチブのHPをご覧ください。 研修詳細及びお申込

沖縄の「島ラブ祭2024 ソーシャルビジネスコンテスト」に弊社落合がコメンテーターとして参加します

2024年4月20日(土) 開場 13:30/開演 14:00/終演 16:30[予定] ケイスリー株式会社(代表取締役社長:幸地正樹 所在地:沖縄県中頭郡読谷村 以下、「弊社」)のディレクター落合が、島ラブ祭運営事務局が主催する「島ラブ祭2024 ソーシャルビジネスコンテスト」に、コメンテーターとして参加します。 島ラブ祭2024ソーシャルビジネスコンテスト サイト 「島ラブ祭 ソーシャルビジネ

Comments


bottom of page