ニュース

  • ケイスリー株式会社

渋谷区官民連携オープンイノベーションにてスタートアップ12社のアイデアを採択(第1弾)。実証事業開始

「ニューノーマルを、渋谷から発信。」をテーマに、2020年6月25日に開始をした、官民連携オープンイノベーションプロジェクト「New Normal × Innovation from Shibuya」


ケイスリーは、企画・運営面で協力をしていますが、スタートアップ企業や大学、研究機関などから、さまざまな分野の社会課題を解決する新しいテクノロジーやアイデアの公募をしてきました。


これまでの総応募数は約100件に達しており、 第一弾として、このたび、12社のアイデアを採択し、随時実証事業を始めていきます。


今後は区の事業、職場、職員などを実証の対象とし、各企業のソリューション達成に向けて、スタートアップに協力をしていくとともに、スタートアップエコシステムの形成に向けた取り組みが進んでいく予定です。


ケイスリーとしても、官民連携によるイノベーション創出に向け、渋谷区のスタートアップエコシステム形成に向けた動きに、引き続き最大限協力をしていく予定です。

公式サイト https://shibuya.throttle.biz/innovation/


【お問い合せ】

本件に関するお問合せ:ケイスリー株式会社(片岡和人)

contact@k-three.org

渋谷区第1弾採択企業
.pdf
Download PDF • 283KB

最新記事

すべて表示

弊社落合がセゾン文化財団viewpointに寄稿いたしました

2020年10月26日発行のviewpoint第91号(セゾン文化財団ニュースレター)に、弊社取締役落合がArts United Fundの取り組みを寄稿いたしました。 公益財団法人セゾン文化財団は堤清二氏(1927─2013)の私財によって設立された助成型財団であり、1987年より日本の現代演劇・舞踊の振興、およびその国際交流の促進に寄与するため、助成活動を行っています。 viewpointは、

© 2020 K-three Inc. All Rights Reserved.

ケイスリー株式会社

f_logo_RGB-Black_100.png
twitter.png
logo_symbol.png
k3_logo.png
mail_btn_01.png