top of page

ニュース

  • ケイスリー株式会社

渋谷スタートアップコンソーシアム 「Shibuya Startup Deck」 が発足


 産官学連携による渋谷区内におけるスタートアップエコシステムについて、更なる発展のための組織として「渋谷コンソーシアム~Shibuya Startup Deck(シブデック)~」(以下、「本組織」)が設立されました。


組織概要

名称  : Shibuya Startup Deck

設立日 : 2020年11月12日

役員  :

・チェアマン:鈴木 寛 氏(東京大学教授、慶應義塾大学教授)

・バイスチェアマン:長谷部 健 氏(渋谷区長)

事務局 : 渋谷区、一般社団法人渋谷未来デザイン

実施事業:

①共助のあるコミュニティづくり

②スタートアップフレンドリーな環境整備

③新しいサービス・技術の社会実装支援

④グローバル化


 本組織は、「スタートアップ」という言葉の概念を「既存の考えにとらわれず挑戦する」という概念に捉えなおし、その概念から生み出される新しい技術・サービスによって「それぞれの豊かさが実現する街」を形成することをビジョンとしています。


 本組織の取り組みを推進することで、誰もが新しいことに挑戦しやすい環境をつくり、渋谷区内のスタートアップエコシステムの更なる発展を促進し、渋谷から生まれる新しい技術・ サービスによって「それぞれの豊かさが実現する街」を形成していきます。


 ケイスリーは、「ニューノーマルを、渋谷から発信。」をテーマに、2020年6月25日に開始をした、官民連携オープンイノベーションプロジェクト「New Normal × Innovation from Shibuya」に企画・運営面で協力をしています。


 スタートアップ企業や大学、研究機関などから、さまざまな分野の社会課題を解決する新しいテクノロジーやアイデアの公募をし、これまでの総応募数は100件に達しております。 10月30日に、第一弾として12社のアイデアを採択し、随時実証事業を開始をしているところです。

 

 ケイスリーとしても、本会に幹事会員として参画をし、産官学連携によるイノベーション創出に向けた動きに、引き続き最大限協力をしてまいります。



【お問い合せ】

本件に関するお問合せ:ケイスリー株式会社(片岡和人)

contact@k-three.org

最新記事

すべて表示

ケイスリー、むすびえ初の「こども食堂への参加者の変化を捉える定量調査」を支援

~こども食堂への参加回数の多さと、子どもの「他者への信頼感」「社会性」との間に相関があることが明らかに~ ケイスリー株式会社(所在地:沖縄県中頭郡読谷村、代表取締役社長:幸地正樹)が、認定NPO法人全国こども食堂支援センター・むすびえ(所在地:東京都渋谷区、理事長:湯浅誠、以下「むすびえ」)及び一般社団法人エビデンス共創機構(所在地:東京都武蔵野市、代表理事:伊芸研吾)と連携して昨年度初めて実施し

SDGインパクト基準研修(1dayコース・個人向け)のご案内

弊社今尾も認定講師を務めるSDG Impact基準研修について、これまで法人単位で実施してきましたが、新たに個人単位でお申し込みいただける研修プログラム(日本語)を2024年6月3日及び6月23日(参加はいずれか1日を選択)に実施します。幅広くご関心お持ちの皆様のご参加をお待ちしております。詳細は下記一般財団法人社会的インパクト・マネジメント・イニシアチブのHPをご覧ください。 研修詳細及びお申込

沖縄の「島ラブ祭2024 ソーシャルビジネスコンテスト」に弊社落合がコメンテーターとして参加します

2024年4月20日(土) 開場 13:30/開演 14:00/終演 16:30[予定] ケイスリー株式会社(代表取締役社長:幸地正樹 所在地:沖縄県中頭郡読谷村 以下、「弊社」)のディレクター落合が、島ラブ祭運営事務局が主催する「島ラブ祭2024 ソーシャルビジネスコンテスト」に、コメンテーターとして参加します。 島ラブ祭2024ソーシャルビジネスコンテスト サイト 「島ラブ祭 ソーシャルビジネ

Commenti


bottom of page