top of page

ニュース

  • ケイスリー株式会社

【4/13 参加無料】 Better Impact ラウンジ 第2回 ~SDGs思考で事業を進化させる~

更新日:2021年4月13日


2021年4月13日(火)17:00-18:00、本業を通じたSDGs貢献をめざす企業・投資家に向けたトークイベント「Better Impact ラウンジ 第2回 ~SDGs思考で事業を進化させる~」を開催いたします。


ゲストには、狭域商圏に特化したECプラットフォーム「ポスケット」を開発する株式会社レスティル代表の足立氏をお招きし、同社がどのようにSDGs思考で事業の価値を捉えなおし、発信することで、事業の進化、その先の豊かな地域づくりに繋げようとしているのか、その具体的な事例をを伺います。


SDGsのラベル貼りを超えて、ビジネスとSDGsをつなぎ、事業の成長と持続可能な社会を両立させる考え方や手法、その具体的な事例ににご関心のある方、ぜひお気軽にご参加ください。


◆ イベント概要


日時:2021年4月13日 17:00-18:00

場所:オンライン(zoom)

参加費:無料

申込方法:こちらの申込フォームからお申込みください。(お申込みいただいた方に当日の参加URLをご案内いたします。)

申込締切:2021年4月13日 16:00


プログラム内容

  1. 事業とSDGsをつなぐストーリーと指標

  2. 株式会社レスティルの事例

  3. 5月開始のプログラム『Better Impact』 のご紹介

  4. 質疑応答

ゲスト紹介

足立直隆氏

西武百貨店(現・そごう西武)出身。地方勤務時代に多くの店舗閉鎖を経験し、小売業の厳しい状況を痛感。その後本部営業企画の担当者として全社プロモーションや新規大型催事などを推進。

同社を退職後、2017年株式会社レスティルを設立し、狭域商圏EC「ポスケット」の開発に着手。現在は今年夏までの実用化を目指している。



※ 伴走支援プログラム「Better Impact」とは

 事業の社会的価値を可視化し、PDCAサイクルを回すことでSDGs達成に貢献する「社会的インパクト・マネジメント」を活用・実践したい事業者や資金提供者に対し、約2か月間の伴走支援を提供するプログラムです。本プログラムでは主に、事業を通じたSDGs達成までのストーリーづくりと、その検証を行うための指標づくりを支援します。

 参加各社には、官民連携や企業の経営支援、社会的インパクト・マネジメント等、経験・実績共に豊富な5名のメンターがつき、単なる知識のインプットやアドバイザリングを超えて、多角的な学びを提供します。(「Better Impact」の詳細はこちら

◆ お問合せ先

 ケイスリー株式会社 今尾 江美子

 連絡先:contact@k-three.org



最新記事

すべて表示

代表幸地がeiicon meet up!!vol.10に登壇、事業会社がインパクト投資に取り組む意義について議論

2024年3月28日、eiiconオリジナルピッチ企画「eiicon meet up!!vol.10」のトークセッション「日テレ共創ラボも参入!!事例から紐解く“インパクト投資”市場の現在地と未来予想図」に、代表幸地が登壇しました。 「eiicon meet up!!」は、新規事業・オープンイノベーションコミュニティの活性化を目的に、共創につながる“出会い”を生み出すeiiconオリジナルピッチ企

沖縄の「島ラブ祭2024 ソーシャルビジネスコンテスト」に弊社落合がコメンテーターとして参加します

2024年4月20日(土) 開場 13:30/開演 14:00/終演 16:30[予定] ケイスリー株式会社(代表取締役社長:幸地正樹 所在地:沖縄県中頭郡読谷村 以下、「弊社」)のディレクター落合が、島ラブ祭運営事務局が主催する「島ラブ祭2024 ソーシャルビジネスコンテスト」に、コメンテーターとして参加します。 島ラブ祭2024ソーシャルビジネスコンテスト サイト 「島ラブ祭 ソーシャルビジネ

社会的インパクトに関する国内最大級イベント「Social Impact Day 2024」2024年5月15日(水)~17日(金)開催

全セッション公開、早割チケット販売終了まであと5日(4月15日まで) ケイスリー株式会社(代表取締役社長:幸地正樹 所在地:沖縄県中頭郡読谷村 以下、「弊社」)の代表幸地が理事を務める一般財団法人社会的インパクト・マネジメント・イニシアチブ(代表理事:今田克司 所在地:東京都渋谷区 以下、「SIMI」)が、一般財団法人社会変革推進財団(理事長:大野修一 所在地:東京都港区 以下、「SIIF」)と共

Comments


bottom of page