top of page

ニュース

  • ケイスリー株式会社

弊社のワクチン接種勧奨事業について



現在弊社では「ワクチン忌避」を重大な社会課題ととらえ、新型コロナワクチンの接種や、麻疹、ポリオ、HPV等のワクチンに関する情報発信のプラットフォームを開発することで本課題の解決を目指しています。


そのような課題解決を目指すにあたり、弊社の理念や姿勢を表明したいと思います。


【ワクチン忌避問題に対する姿勢】

まず、大前提としてワクチン接種はアレルギー体質や個人の思想、理念などの背景から、全ての方に必ず推奨されるものではありません。弊社の目的は、そのような事情を考慮せず市民の選択する権利を無視し、ワクチン接種を強制するものではありません。


WHOによるとワクチンによって年間200~300万人の命が救われていると推計されており、世界的にワクチン接種率が上がれば、さらに150万人ほどの命が救われる可能性があると言われています。 そして、必要な人にワクチンが届かない理由の一つとして、「不正確な情報の氾濫によるワクチン忌避」や「そもそも市民に情報が届いていない」という行政と市民のコミュニケーションの課題があります。

弊社は、行政と市民のコミュニケーションを革新し、その人にとって必要な情報が適切に届く社会を実現することでこの課題を解決していきます。



【想定されるご不安点やご不明点】

ワクチン接種勧奨において、市民の方々がご不明に思うであろう疑問点を挙げさせて頂きました。

もし、記載した内容以外にもご不明に感じる点があれば是非お気軽にお問合せ下さい。


●接種勧奨を受けたくないのですが

SMSによる接種勧奨に関しては、市民の方が配信停止を希望すれば勧奨を終了することが出来ます。また、送信を開始するにあたっては今後SMSにて情報をお届けする旨を記載したご挨拶メールをお送りさせて頂きます。


●SMS配信に関する個人情報の取り扱いはどうなりますか

勧奨を実施する担当課が保有している情報、もしくは住基ネットに登録されている情報などを、取得時に明示した個人情報の取り扱い規定に基づき運用をしています。また、SMS配信サービスはLGWAN(https://www.j-lis.go.jp/lgwan/cms_15.html)に対応しており、一般的なインターネット回線を利用せずに送信することも可能です。


●URLをクリックしても大丈夫でしょうか。詐欺メールではないでしょうか

残念ながら、そういった悪質な業者は0ではありません。そのため、行政通達をSMSで行う場合には下記のような対策を取ります。

  • 自治体が送る際には【◯◯市役所より】など送信元を明確に記載

  • 発信元の番号は固定されておりHPや広報誌などで開示。その番号を携帯やスマートフォンのアドレス帳に登録をして頂ければ類似のメールと誤認識する可能性を減らすことが出来ます。

SMSが行政通達の手段として注目されている理由の一つとして、Eメールと比較しスパムメールが少ないという点があります。理由としては、

  • Eメールはアドレスの発行、メールの送信がほぼ無料なのに対し、SMSは初期コストに加え、1通あたり数円~十数円の費用が掛かります。不特定多数に送信すると、詐欺業者には大きなコストがかかります。

  • SMSは携帯電話のキャリアが相互連携し管理しているため、迷惑業者を排除するのが容易になっています。

 

【参考】

・ケイスリー、沖縄県読谷村で行動科学を使った若年層コロナワクチン接種率向上施策を開始 https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000073.000023382.html

・ケイスリー、兵庫県・神戸市と国連機関UNOPSの支援のもと、新型コロナワクチンを含むワクチン忌避問題への取り組みを加速

・サービスの詳細はこちら


最新記事

すべて表示

【7/11 ハイブリット開催】愛媛県主催「2024年度PFS実践セミナー」~成果重視の新たな官民連携の実践ポイント~

社会課題が複雑化する中、官民連携の更なる推進と成果重視の行政運営の追求が重要となることから、社会課題を解決する官民連携手法である成果連動型民間委託方式(PFS)が全国で広がりをみせています。この度、愛媛県内における新たな案件の創出を目的として、PFS概要や最新動向、具体的なプロセスや課題を含めた愛媛県における実践事例の紹介など、より実践的なセミナーを開催しますので、関心のある行政関係者や民間事業者

ケイスリー、むすびえ初の「こども食堂への参加者の変化を捉える定量調査」を支援

~こども食堂への参加回数の多さと、子どもの「他者への信頼感」「社会性」との間に相関があることが明らかに~ ケイスリー株式会社(所在地:沖縄県中頭郡読谷村、代表取締役社長:幸地正樹)が、認定NPO法人全国こども食堂支援センター・むすびえ(所在地:東京都渋谷区、理事長:湯浅誠、以下「むすびえ」)及び一般社団法人エビデンス共創機構(所在地:東京都武蔵野市、代表理事:伊芸研吾)と連携して昨年度初めて実施し

SDGインパクト基準研修(1dayコース・個人向け)のご案内

弊社今尾も認定講師を務めるSDG Impact基準研修について、これまで法人単位で実施してきましたが、新たに個人単位でお申し込みいただける研修プログラム(日本語)を2024年6月3日及び6月23日(参加はいずれか1日を選択)に実施します。幅広くご関心お持ちの皆様のご参加をお待ちしております。詳細は下記一般財団法人社会的インパクト・マネジメント・イニシアチブのHPをご覧ください。 研修詳細及びお申込

Comments


bottom of page