ニュース

  • ケイスリー株式会社

ディスカッション・ペーパー「With/Afterコロナにおけるインパクト投資およびESG投資」を公開

最終更新: 2020年10月5日

~高まる重要性と期待されるパフォーマンス向上~


With/Afterコロナにおけるインパクト投資・ESG投資の意義や展望に関して、国内外の動向を踏まえたディスカッション・ペーパーを公開します。(本文ダウンロード


新型コロナ感染拡大は、現在の地球の持続可能性に警鐘を鳴らされた、一つの象徴的な事象と捉えることができます。この危機に際し、社会の様々な課題が顕在化し、深刻化し、SDGsが掲げた持続可能な世界からは、一歩遠ざかったかもしれません。


この危機を乗り越えて、再び元の世界に戻るのか、これまでより持続的で弾力的な世界にシフトするのか、その未来のあり方は、現在のリソースを、何に、どのように投じるのか、その選択に依るところが大きいのではないかと考えます。


自分たちの世代と、次に続く世代のために、経済・社会・環境が調和した持続可能な世界をつくるために、インパクト投資/ESG投資のあり方や可能性が議論されるきっかけになれば幸いです。


今後、より持続的な社会に向けてインパクト投資およびESG投資の重要性が高まり、世界的な潮流である外部性を内部化させる動きが長期的にインパクト投資およびESG投資のパフォーマンス向上にも繋がると私達は考えます。



▶目次

  1. はじめに

  2. 拡大する投資機会

  3. 高まる重要性

  4. 良好なパフォーマンス

  5. 注目が集まる「S」

  6. さらなる資金流入の可能性

  7. パフォーマンスを支える潮流


▶本件に関するお問い合わせ先

会社名:ケイスリー株式会社

メールアドレス:contact@k-three.org

担当:今尾

最新記事

すべて表示

ソーシャル・インパクト・ボンドを活用した八王子市大腸がん検診・精密検査受診率向上事業の総括レポートが公開

弊社が導入支援した、八王子市におけるソーシャル・インパクト・ボンド(以下「SIB」)を活用した大腸がん検診・精密検査受診率向上事業(以下「本事業」)の総括レポートが、経済産業省にて本日公開されたことをお知らせいたします。 ※添付資料:経済産業省およびケイスリー株式会社による事業総括レポート 取組み概要と成果 本事業は、日本初のSIBを活用した取り組みとして2017年5月に開始され、大腸がん検診受診

© 2021 K-three Inc. All Rights Reserved.

ケイスリー株式会社

f_logo_RGB-Black_100.png
twitter.png
logo_symbol.png
k3_logo.png
mail_btn_01.png