ニュース

  • ケイスリー株式会社

ケイスリー、沖縄県浦添市にて行動科学(ナッジ)及びSMSを活用し、大腸がん検診受診者を40%増に

2019年8月から2020年1月にかけて、ケイスリー株式会社(沖縄本店:沖縄県那覇市 代表取締役社長:幸地正樹、以下「ケイスリー」)は厚生労働省「令和元年度保健福祉分野における民間活力を活用した社会的事業の開発・普及のための環境整備事業」(以下、本事業)を受託し、沖縄県浦添市(以下、浦添市)において、行動科学とSMSを活用して大腸がん検診の受診勧奨を行った結果、大腸がん検診受診者数が前年度に比べ40%増加しました。


この度、2019年度の浦添市大腸がん検診受診者数・受診率に関するデータが出揃いましたため、結果をご報告いたします。


【事業実施概要】

2019年8月から2020年1月にかけて、浦添市民(人口約114,000人)のうち40歳以上75歳未満の国民健康保険加入者(17,177人、以下「事業対象者」)を対象に、大腸がん検診の受診勧奨を行いました。

実施した受診勧奨方法は以下の2つです。


①行動科学を活用したSM(ショートメッセージ)送信

浦添市が携帯番号を取得できた市民6,530人を対象に、行動科学(ナッジ)を活用したSMを送信しました。市民に適切なタイミング・頻度・文面のSMを送信することで、大腸がん検診の受診を促しました。


②大腸がん検査キットの直接送付

行動科学を活用したSM送信に加え、継続的に大腸がん検診を受診されていない市民には大腸がん検診キット(以下、検査キット)を自宅へ直接送付いたしました。これにより、市民は大腸がん検診の予約が省略でき、検査キットを提出するだけで大腸がん検診が受診可能になりました。


【事業の最終結果】

浦添市のうち事業対象者の「大腸がん検診受診者数」は2018年度の2,632人から 2019年度は3,661人と40%増加しました。

また「大腸がん検診受診率」は事業介入対象者(SM送信や検査キットを直接送付した市民)が30.2%となり、非事業介入対象者(携帯番号未登録等のため介入対象外となった市民)の14.7%と比較して約2倍となりました。

なお、事業対象者の大腸がん検診受診歴を分析したところ、71%の方が「過去6年間受診歴なし」でした。事業実施により「過去6年間受診歴なし」の方の大腸がん検診受診率は約6.5倍と、顕著に増加しました。



【本事業を活用したプロダクトの開発】


ケイスリーは本事業の成果及び知見を活用し、行政向け公的通知自動化サービス

「BetterMe(ベターミー)」を開発いたしました。行動科学及びSMSの活用により、市民の行動変容を促します。特定健診・がん検診受診勧奨、マイナンバーカード取得促進、防災、納税督促など、幅広い領域で利用可能です。現在、複数の自治体で導入しております。

(導入に関しては、下記【お問合せ先】までご連絡ください。)


※参考記事「【ジチタイワークス】沖縄県浦添市での大腸がん検診受診勧奨事業についてご紹介しています」


【会社紹介】

会社名 ケイスリー株式会社

代表者 代表取締役社長 CEO 幸地正樹

所在地 

・沖縄本店 〒902-0076 沖縄県那覇市字与儀86

・東京本社 〒101-0052 東京都千代田区神田小川町3丁目28 - 5 axle御茶ノ水 P210

設立 2016年3月

URL https://www.k-three.org

採用情報 https://www.k-three.org/recruit

事業概要 市民本位の行政サービスの実現につながる事業の研究開発及び導入支援


【お問合せ先】

ケイスリー株式会社(担当:熱田) contact@k-three.org

最新記事

すべて表示

八王子市成果連動型民間委託事業の最終報告書を公表

支払条件試算ツール等他自治体の導入に向けた方向性を提示 ケイスリー株式会社(本店:沖縄県那覇市、代表取締役社長:幸地正樹、以下「ケイスリー」)が導入を支援し、八王子市(八王子市長:石森孝志)と株式会社キャンサースキャン(本社:東京都品川区、代表取締役:福吉潤、以下「キャンサースキャン」)が、全国初の取組として実施してきました「大腸がん検診・精密検査受診率向上事業におけるソーシャル・インパクト・ボン

© 2020 K-three Inc. All Rights Reserved.

ケイスリー株式会社

f_logo_RGB-Black_100.png
twitter.png
logo_symbol.png
k3_logo.png
mail_btn_01.png