top of page

ニュース

  • ケイスリー株式会社

ケイスリー、⼩野薬品から中核人材のレンタル移籍を受け入れ〜「LoanDEAL」を活用し、事業開発を加速〜


この度、株式会社ローンディールが展開する企業間レンタル移籍プラットフォーム「LoanDEAL」を活用し、⼩野薬品⼯業株式会社(以下、小野薬品)から⼩林正克氏がケイスリーに参画しました。

「LoanDEAL」は企業の出向を活用し、人材をベンチャー企業のプロジェクトに参加させる仕組みです。人材を受け入れるベンチャー企業は大企業のスキルやノウハウが得られ、大企業は社員に事業立ち上げの実践的な経験を積ませることができます。


小林氏は、生命科学の博士号を取得し、小野薬品において中期経営計画策定やベンチャー投資事業に従事し、現在は、経営企画部とビジネスデザイン部の課長を兼務されています。ヘルスケア領域を中心とする社会課題解決への強い熱意とともに、培われてきた高い専門性と豊富な経験を活かし、ケイスリーでは1年間、中核的なメンバーとして、新規事業の開発や推進、経営の強化に尽力いただきます。


ケイスリーの「LoanDEAL」を通じた人材受け入れは、日本電気株式会社(NEC)の宇佐美絢子氏(移籍期間:2020年4月~9月)に続き、2人目となります。宇佐美氏は、半年間の在籍ながら、弊社初の GovTechプロダクト「BetterMe」の普及に大きく貢献し、同プロダクトは現在、主力事業へと育ちつつあります。今回新たなメンバーの参画によって、弊社の次なる飛躍、更なるインパクト創出の機会にしていきたいと考えています。

過去のレンタル移籍に関するニュースはこちら

今回のプレスリリースはこちら


211004_プレスリリースPDF
.pdf
ダウンロード:PDF • 168KB

最新記事

すべて表示

ケイスリー、むすびえ初の「こども食堂への参加者の変化を捉える定量調査」を支援

~こども食堂への参加回数の多さと、子どもの「他者への信頼感」「社会性」との間に相関があることが明らかに~ ケイスリー株式会社(所在地:沖縄県中頭郡読谷村、代表取締役社長:幸地正樹)が、認定NPO法人全国こども食堂支援センター・むすびえ(所在地:東京都渋谷区、理事長:湯浅誠、以下「むすびえ」)及び一般社団法人エビデンス共創機構(所在地:東京都武蔵野市、代表理事:伊芸研吾)と連携して昨年度初めて実施し

SDGインパクト基準研修(1dayコース・個人向け)のご案内

弊社今尾も認定講師を務めるSDG Impact基準研修について、これまで法人単位で実施してきましたが、新たに個人単位でお申し込みいただける研修プログラム(日本語)を2024年6月3日及び6月23日(参加はいずれか1日を選択)に実施します。幅広くご関心お持ちの皆様のご参加をお待ちしております。詳細は下記一般財団法人社会的インパクト・マネジメント・イニシアチブのHPをご覧ください。 研修詳細及びお申込

内閣府沖縄総合事務局の市町村施策支援アドバイザーに代表幸地が就任

内閣府沖縄総合事務局は、沖縄県内市町村に対して様々な行政課題の企画立案や実行を支援する市町村施策支援アドバイザー制度を設置しており、2024年5月7日、ケイスリー株式会社代表取締役社長の幸地正樹へ委嘱状が交付されました。代表幸地は、2021年に市町村施策支援アドバイザーへ任命されて以来、継続して任命されており、社会課題、官民共創、調達支援、PFS/SIB、EBPMなどの専門分野を中心に沖縄県内の市

Comments


bottom of page