top of page

ニュース

  • ケイスリー株式会社

ケイスリーのプロダクト事業、オーストリア政府のDeepTechスタートアップEU進出支援事業に参加〜アジア及びイスラエル150社の応募のなか、日本からは唯一の採択〜


ケイスリー株式会社(代表取締役社長:幸地正樹、以下「当社」)は、アジアやイスラエルから応募した150社の中からオーストリア政府の「GO AUSTRIA Spring 2022」に採択された支援対象17社の1社に選ばれ、ウィーンで開催中の当該事業に参加していることをお知らせします。なお日本からは唯一の採択企業です。


プログラムの目的と内容

GO AUSTRIAは、アジアのDeep TechスタートアップがオーストリアやEU市場へ進出することを支援するプログラムで、オーストリア連邦政府が設立したGlobal Incubator Network Austria (以下「GIN」) により運営されています。採択各社には、資金補助に加えメンターがつき、各社に応じたEU進出へのアドバイスやビジネスパートナー、投資家とのネットワーク構築、スタートアップとしての国際化に向けたトレーニングの提供など、多様な支援が提供されます。

当社は、EUでの顧客開拓に加え、EU市場進出の過程でEU一般データ保護規則(GDPR)、AI規制案(The Artificial Intelligence Act)、AI倫理などの最先端の動向をいち早く取り入れることにより、当社の国際競争力の底上げを目的に参加しています。

現在、ウィーンで開催されている現地プログラムの最中で、当社からはプロダクト事業CEOとCTO、事業推進責任者が参加しています。既にグローバル製薬・バイオテクノロジー企業、世界的に著名なクリエイティブ機関、EU内のスタートアップなどと、当社の「ナッジAI」を活用した協業や連携の議論を進めています。また、他のGO AUSTRIA参加スタートアップとも国際化に向けた取り組みやお互いの事業について議論をし、切磋琢磨をしています。


当社は、GO AUSTRIAで得られた知見やネットワークを最大限活用し、国際的にも事業を発展させるべく尽力して参ります。


GO AUSTRIA Spring 2022の公式サイト




プロダクト事業CTO 鈴井豪からひと言

この度、Global Incubator Network Austria主催のプログラム「GO AUSTRIA Spring 2022」に採択されたことを嬉しく思います。特に、今回のプログラムはDeep Techを対象にしていること、そしてイスラエルやアジアの国々という国際的な競争の中で日本から唯一採択されたことに、事業として積み上げてきたものの一つの成果だと感じています。ここまでの歩みに協力してくださった全ての関係者の皆様に感謝申し上げます。しかし、まだまだ始まったばかりです。当社は、GO AUSTRIAを通じて得たアジアのスタートアップ仲間や、EU・オーストリアの企業や機関との連携を活用し、事業と技術の更なる発展に尽力して参ります。

当社では、世界を舞台に行動科学とAIで社会課題を解決したいという仲間を募集しております。ぜひ積極的にご応募いただければと思います。


<鈴井 豪 / プロフィール>

東日本大震災被災地支援、発展途上国支援、シリコンバレーでのイノベーションによる社会課題解決教育プログラムの運営などを通じ国内外での社会課題解決に取り組む。その後、カリフォルニア大学バークレー校大学院に進学。機械学習をはじめとしたデータサイエンスを用いた社会課題解決を研究。

在学中にUNDP(国連開発計画)にてインターンとしてビジネスによるSDGs達成を目指す業務の補佐や、SDGsへのイノベーション事業の調査に従事。

その後、ケイスリーに参画しインパクト評価やデータサイエンスプロジェクト業務を担うデータサイエンティストを経て現職。

カリフォルニア大学バークレー校大学院 Master of Development Practice 修了(MDP Fellowship(奨学金)付き合格)。ジョージア工科大学 College of Engineering OMSA修士課程在籍




<参考>

・ケイスリーのナッジAI®︎、国連WHO主催コンペで入賞


・ケイスリー、兵庫県・神戸市と国連機関UNOPSの支援のもと、新型コロナワクチンを含むワクチン忌避問題への取り組みを加速


・ICTを活用してシニア層の抱える課題を解決する「大阪スマートシニアライフ実証事業推進協議会」へ参画


・社会課題解決の基盤づくりに取り組むケイスリー、1.9億円調達で行政向けプロダクトの開発強化へ

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000022.000023382.html


・ケイスリーが500 KOBE ACCELERATORに採択されました



会社紹介

会社名:ケイスリー株式会社

代表者:代表取締役社長 幸地正樹

所在地:

・沖縄本店 沖縄県那覇市字与儀86

・東京本社 東京都千代田区神田小川町3-28-5 axle御茶ノ水 P210

設立:2016年3月

ホームページ:https://betterme.jp/

事業概要:「意思決定を革新し、より良い社会をつくる」をミッションに、​行動科学と機械学習により、市⺠コミュニケーションを強化するプロダクトの開発・運営および付随する業務。公的通知個別化サービス「BetterMe」、個別化エンジン「ナッジAI」等を提供。社会的インパクト・マネジメントや成果連動型官民連携など成果向上に向けた手法の研究・実践支援。


本件に関するお問い合わせ先

ケイスリー株式会社

担当者:鈴井

連絡先:contact@k-three.org




最新記事

すべて表示

【7/11 ハイブリット開催】愛媛県主催「2024年度PFS実践セミナー」~成果重視の新たな官民連携の実践ポイント~

社会課題が複雑化する中、官民連携の更なる推進と成果重視の行政運営の追求が重要となることから、社会課題を解決する官民連携手法である成果連動型民間委託方式(PFS)が全国で広がりをみせています。この度、愛媛県内における新たな案件の創出を目的として、PFS概要や最新動向、具体的なプロセスや課題を含めた愛媛県における実践事例の紹介など、より実践的なセミナーを開催しますので、関心のある行政関係者や民間事業者

ケイスリー、むすびえ初の「こども食堂への参加者の変化を捉える定量調査」を支援

~こども食堂への参加回数の多さと、子どもの「他者への信頼感」「社会性」との間に相関があることが明らかに~ ケイスリー株式会社(所在地:沖縄県中頭郡読谷村、代表取締役社長:幸地正樹)が、認定NPO法人全国こども食堂支援センター・むすびえ(所在地:東京都渋谷区、理事長:湯浅誠、以下「むすびえ」)及び一般社団法人エビデンス共創機構(所在地:東京都武蔵野市、代表理事:伊芸研吾)と連携して昨年度初めて実施し

SDGインパクト基準研修(1dayコース・個人向け)のご案内

弊社今尾も認定講師を務めるSDG Impact基準研修について、これまで法人単位で実施してきましたが、新たに個人単位でお申し込みいただける研修プログラム(日本語)を2024年6月3日及び6月23日(参加はいずれか1日を選択)に実施します。幅広くご関心お持ちの皆様のご参加をお待ちしております。詳細は下記一般財団法人社会的インパクト・マネジメント・イニシアチブのHPをご覧ください。 研修詳細及びお申込

Comments


bottom of page