top of page

ニュース

  • ケイスリー株式会社

兵庫県・神戸市と国連プロジェクトサービス機関が連携し世界のSDGs課題解決目指すプログラムSDGs CHALLENGE「BizGlobeExpedition」に採択されました。




この度弊社は、兵庫県・神戸市と国連プロジェクトサービス機関(以下、UNOPS)が連携し世界のSDGs課題解決を目指すプログラムSDGs CHALLENGE「BizGlobeExpedition」(以下、BizGlobeExpedition)に採択されました。本支援のもと、新型コロナワクチンを含むワクチン忌避問題への取り組みを加速させていきます。

BizGlobeExpeditionは、世界のSDGsの課題解決を目指すスタートアップ・中小企業等に対し、サポートプログラム・メンタリング・ネットワークの提供を通じて、事業成長や海外進出をサポートする新たなプログラムです。 私たちは接種率向上を妨げる要因のうち、行動科学の知見で改善できることが証明されている「ワクチン忌避」に着目し、ワクチンを必要とする全ての人が接種を受けられることで、『SDGs目標3:すべての人に健康と福祉を』の実現を目指します。 WHOの推計では、ワクチンによって年間200~300万人の命が救われており、世界的にワクチン接種率が上がれば、さらに150万人ほどの命が救われる可能性があると言われています。ワクチン忌避の発生原因としては、「病気の危険性やワクチンの有用性が理解されていない」、「副作用に関するデマや誤情報などが溢れている」など市民に届くべき情報が正確に届いていないことが挙げられます。 私たちは、BetterMe®の特長である

・行動科学に基づく勧奨メッセージの個別化

・SMSを活用した公的通知の個別発信

機械学習によるメッセージの内容や送信タイミングの個別化

の3点をより一層磨き上げることで、従来一方通行であった行政と市民のコミュニケーションを革新、再設計し、市民が自分にとって必要な情報が適切に届く社会を実現します。 また、本サポートプログラムの支援により日本国内のみならず、東南アジア及び太平洋島嶼国等へ展開することでSDGs目標の達成を目指していきます。 本取り組みの詳細は、是非下記リリース等をご覧ください。 リリースはこちら PDFでダウンロード

20211001_BizGlobeExpedition採択リリース
.pdf
ダウンロード:PDF • 193KB

BizGlobeExpeditionの詳細はこちら

最新記事

すべて表示

ケイスリー、むすびえ初の「こども食堂への参加者の変化を捉える定量調査」を支援

~こども食堂への参加回数の多さと、子どもの「他者への信頼感」「社会性」との間に相関があることが明らかに~ ケイスリー株式会社(所在地:沖縄県中頭郡読谷村、代表取締役社長:幸地正樹)が、認定NPO法人全国こども食堂支援センター・むすびえ(所在地:東京都渋谷区、理事長:湯浅誠、以下「むすびえ」)及び一般社団法人エビデンス共創機構(所在地:東京都武蔵野市、代表理事:伊芸研吾)と連携して昨年度初めて実施し

SDGインパクト基準研修(1dayコース・個人向け)のご案内

弊社今尾も認定講師を務めるSDG Impact基準研修について、これまで法人単位で実施してきましたが、新たに個人単位でお申し込みいただける研修プログラム(日本語)を2024年6月3日及び6月23日(参加はいずれか1日を選択)に実施します。幅広くご関心お持ちの皆様のご参加をお待ちしております。詳細は下記一般財団法人社会的インパクト・マネジメント・イニシアチブのHPをご覧ください。 研修詳細及びお申込

沖縄の「島ラブ祭2024 ソーシャルビジネスコンテスト」に弊社落合がコメンテーターとして参加します

2024年4月20日(土) 開場 13:30/開演 14:00/終演 16:30[予定] ケイスリー株式会社(代表取締役社長:幸地正樹 所在地:沖縄県中頭郡読谷村 以下、「弊社」)のディレクター落合が、島ラブ祭運営事務局が主催する「島ラブ祭2024 ソーシャルビジネスコンテスト」に、コメンテーターとして参加します。 島ラブ祭2024ソーシャルビジネスコンテスト サイト 「島ラブ祭 ソーシャルビジネ

Comments


bottom of page