top of page

ニュース

  • ケイスリー株式会社

ケイスリーが戦略パートナーを務める「Impact Management Project」が、インパクト・マネジメントの新プラットフォームを設立

~11月24日(水)未明に設立イベントを実施~


国連開発計画(UNDP)等が参画するインパクト・マネジメントに関する国際イニシアティブ「Impact Management Project」が、インパクト・マネジメントの更なる普及と拡大を目的とし、新たなプラットフォーム「Impact Management Platform」を立上げました。

11月24日(水)の日本時間00:00 – 01:30には、設立イベントが行われます。

弊社はIMPの戦略パートナーとして広報支援を行っています。


ーImpact Management Platformとはー

国連開発計画(UNDP)、国際金融公社(IFC)、経済協力開発機構(OECD)、国連責任投資原則(PRI)等によって推進される「Impact Management Project(IMP)」が、さらなるインパクト・マネジメントの実践を推進するために、新たなプラットフォーム「Impact Management Platform(以下、プラットフォーム)」を立上げました。

このプラットフォームは、公益性の基準、フレームワーク、ツールやガイダンスを提供してきた主要な組織が共同で取り組むものです。既存の情報を統合、補完することで活用しやすくし、政策側と調整しながら、インパクト・マネジメントの主流化を目指して協力していきます。



ープラットフォーム設立イベントー

プラットフォームの立ち上げを記念して、そのビジョンと未来についての考えを共有するウェビナーが開催されます。

日本時間の11月24日(水)深夜0時~1時半です。

マティアス・コーマンOECD事務総長と、インガー・アンダーセン国連事務次長兼国連環境計画事務局長の基調講演が含まれます。

イベントへの参加登録はこちらから可能です: https://impactmanagementproject.zoom.us/webinar/register/2016367121592/WN_jfYsVn0tQryhZRfFWX4Chg


ーImpact Management Platformによるウェブツールー

プラットフォームにより、ウェブツールが公開されました。


このウェブツールでは

・インパクト・マネジメントに関する概要

・インパクト・マネジメントの実践に対応した基準やガイダンスへのリンク(どのリソースがどのタイプの組織、戦略、意思決定に最適かも示される)

・検索可能な基準やガイダンスのリスト

がまとめられています。

こうした情報が一元管理されることで、インパクト・マネジメントに関する情報を理解し、かつ、自分に最適な方法を見つけることが可能となります。




ー弊社とプラットフォームの関わりー

弊社は創業当初より、行政、民間企業、非営利企業へのコンサルティングや勉強会、ワークショップ等によるインパクト・マネジメントの普及と実践をとおして、より良い社会に向けた行政、公益活動、SDGs推進活動等を支援してまいりました。

そのような経緯を経て、2019年にIMPに日本の組織の戦略パートナーとして初加盟いたしました。


ー参考URLー

・Impact Management Platformウェブサイト

・Impact Management Project(IMP)ウェブサイト

・ケイスリー、国際イニシアティブ「インパクト・マネジメント・プロジェクト」に日本から初加盟

・ケイスリーの社会的インパクト・マネジメント活動


本件のリリースはこちらをご参照ください

最新記事

すべて表示

【7/11 ハイブリット開催】愛媛県主催「2024年度PFS実践セミナー」~成果重視の新たな官民連携の実践ポイント~

社会課題が複雑化する中、官民連携の更なる推進と成果重視の行政運営の追求が重要となることから、社会課題を解決する官民連携手法である成果連動型民間委託方式(PFS)が全国で広がりをみせています。この度、愛媛県内における新たな案件の創出を目的として、PFS概要や最新動向、具体的なプロセスや課題を含めた愛媛県における実践事例の紹介など、より実践的なセミナーを開催しますので、関心のある行政関係者や民間事業者

ケイスリー、むすびえ初の「こども食堂への参加者の変化を捉える定量調査」を支援

~こども食堂への参加回数の多さと、子どもの「他者への信頼感」「社会性」との間に相関があることが明らかに~ ケイスリー株式会社(所在地:沖縄県中頭郡読谷村、代表取締役社長:幸地正樹)が、認定NPO法人全国こども食堂支援センター・むすびえ(所在地:東京都渋谷区、理事長:湯浅誠、以下「むすびえ」)及び一般社団法人エビデンス共創機構(所在地:東京都武蔵野市、代表理事:伊芸研吾)と連携して昨年度初めて実施し

SDGインパクト基準研修(1dayコース・個人向け)のご案内

弊社今尾も認定講師を務めるSDG Impact基準研修について、これまで法人単位で実施してきましたが、新たに個人単位でお申し込みいただける研修プログラム(日本語)を2024年6月3日及び6月23日(参加はいずれか1日を選択)に実施します。幅広くご関心お持ちの皆様のご参加をお待ちしております。詳細は下記一般財団法人社会的インパクト・マネジメント・イニシアチブのHPをご覧ください。 研修詳細及びお申込

Kommentare


bottom of page